吸音パネルはどこに配置する必要がありますか

アコースティックパネルがすべての音響処理と防音の問題を解決することはすでにわかっているので、今度は一歩踏み出して、スタジオ、自宅、オフィスのサウンドを適切に保つためにどのように役立つかを学びましょう! 音響治療を必要とする人々のスペクトルのどこにいるのか、そして問題を正確に取り除きたいのかを理解することは、挑戦にほかなりません。 しかし、良いニュースは、私たちの「音響配置ガイド」を使用すると、何をする必要があり、それを最もよく達成する方法を決定するのに苦労することはありません。

したがって、ここに、部屋の音響性能を最大化するのに役立ついくつかの経験則があります。

吸音パネル配置の一般ガイド

どの部屋にも完璧なパネルを設置するための最初のステップは、必要なものを知ることです。 たとえば、寝室やオフィススペースの目標が、柔らかな色と高品質の音響を備えた周囲環境である場合。 その後、 音響パネル ただし、配置は効率に完全に影響するもうXNUMXつの重要な要素です。 したがって、私たちの専門家のインストーラーは、特に次のようなことに注意するようアドバイスします

  • 対称性
  • 身長
  • 反射点
  • 間隔

対称性

対称性は重要な要素のXNUMXつです。これは単純に聞こえますが、簡単なことではありません。 空間内のパネルのバランスを取り、パネルを対称的な位置に配置すると、ステレオイメージが向上します。 ただし、窓、ドア、ACベント、ライト、誘導灯など、部屋には複数のパターンや障害物があるため、多くの場合、課題になります。したがって、可能であれば、障害物がある場合は、主要な対称パターンに注意してください。パネル間のスペースの変化を最小限に抑えます。

高さを耳の高さに設定します

パネルの目的に基づいて、高さは考慮すべき重要なポイントです。高すぎたり低すぎたりすると、効果に直接影響し、音質が低下する可能性があります。 したがって、パネルは、パネルの中心がほぼ目/耳の高さになるように配置する必要があります。 それらを目の高さよりかなり上に配置することで、それらを吊るす過程での欠陥や汚れを防ぎますが、音がそれらに到達するまでの時間も長くなります。

反射点

ホームシアターオーディオシステムの場合、外部からではなく部屋の中でほとんどの音を生成するため、これは非常にユニークな課題です。 スピーカーはすべて一緒に発火します–屋外やステージのように一方向だけでなく、周囲のさまざまな場所から発砲します。 これは、壁に跳ね返ってすべてを泥だらけにする奇妙なエコーがないように、後壁に音響パネルを必要とします。

それとは別に、奇妙な形のコーナーや棚は、音波を分解して歪みを減らすのに役立ちながら、自然な拡散を提供することもできます。 したがって、設定を利用して自然拡散を作成し、音響パネルを後壁に配置して音響をさらに強化することもできます。

パネル間の間隔

間隔は主にユースケースによって決まります。 それらがすべて単一のコーナーに配置されている場合、少量の波だけがポイントに到達するため、これはおそらく直感的です。 これが、パネルを部屋全体に広げて(XNUMXつの平行な壁を未処理のままにしないでください)、より多くの音波がパネルに当たるようにすることをお勧めする理由です。

あなたが最高を探しているなら 中国の音響パネル その後、私たちは助けることができます! 私たちは最大の音響パネル、ビニール、PVC、 中国の3D壁紙メーカー。 したがって、家の装飾や音響処理の要件にかかわらず、可能な限り最良のオプションを提供できます。

私たちを訪問する https://wallpaper-ssj.com/

専門家と話すには、+ 39 3471 65 17までお電話ください。