音響パネル

劇場の音である音楽が、あなたの家にはないのに、広い空間でも途方もない音を出すのはなぜだろうと思ったことはありませんか? さて、私はあなたの好奇心をかき消すかもしれません。 彼らが高品質のサウンドシステムを使用していることは間違いありません。サウンドシステムとは別に、秘密のソースは音響処理された壁です。壁は、ノイズの制御と低減に役立つ厚手のウールで作られています。 しかし、あなたの場所で同じことを体験することは難しくありません。 現代のテクノロジーを備えた現代の世界では、私たちはほとんどすべての選択肢を持っています。 吸音パネル あなたはあなた自身の微調整されたスペースを持つことができます。 

吸音パネルとは何ですか? 

音響パネル、音響ボード、音響バッフル、サウンドパネルを好きなように言ってください。 さまざまな名前があるだけでなく、さまざまな選択肢があります。

これは、音質を向上させるために部屋の中に戦略的に配置されたウールとフォームで一般的に構成されている特別な種類のパネルです。

音響壁パネルの主な目的は、空間に残留する音を排除することです。 音波は硬い表面で簡単に跳ね返ります。 より柔らかい素材でできているため、余分なエコーを減衰させるのに役立ちます。部屋に設置して、最初の反射点から音を拡散させます。 

二次機能について言えば、その幅広い最高の装飾音響パネルはあなたの部屋の見栄えを良くすることができます。 

一般に、パネルには垂直パネルと水平パネルのXNUMX種類があります。 どちらのタイプも、吸収、拡散、および減衰を実行するように機能します。 

吸音壁パネルは、使用目的に応じて、吸音材および吸音材として設計できます。 

アブソーバーとディフューザーは、高品質のサウンドを提供するために、半閉鎖空間や屋外環境で一般的に使用されています。 水平パネル この目的に理想的なタイプであり、音波が溢れるのを防ぎ、それらを熱エネルギーに変換します。 ただし、最適に使用するには、正しく配置することが重要です。 

垂直パネル パネルは、ある領域での音の伝達を減衰させるのに役立ち、音が一方の角からもう一方の角に伝わるのを防ぎます。 さらに、パネルは、バックグラウンドノイズを許容レベルとリバーブ時間まで効率的に下げるのに役立ちます。 

どこに申請しますか?

音響壁パネルとは何か、それが何でできているか、そしてそれが何をするのかを知っているとき、どこにそれらを適用すべきかという疑問が生じます! 音の伝達を制限したり、バックグラウンドノイズを抑えたり、リバーブ時間をかけたりする場合でも、問題を解決するには、パネルの正確な位置を特定することが重要です。

理想的な場所を見つけることは、いくつかの要因に依存しています- 

音波の振る舞いは 広いスペース。 より大きな空間の音が壁に到達する前に死んでしまうことがあるため、より少ない音響エネルギーが部屋に跳ね返ります。 ただし、壁ではなく天井に当たるので、そのような部屋には水平パネルが設置されています。 

会議室、プライベートオフィス、指定されたフォーカスエリアなどの小さな部屋では、音波が最初に壁に当たります。 したがって、そのような領域では、垂直壁パネルは、部屋に送り返される波の数を減らすのに最適です。 

消音パネルは、オフィスやホームシアターに無料で提供されるだけでなく、講堂、ホール、セミナー室、図書館、裁判所、レストラン、スタジオなどで使用できます。 

私たちのアドバイザーから、あなたのスペースに適したタイプと、それらを最大限に活用するためにどこにインストールする必要があるかを学びましょう。+ 39 0522 1606 388までお電話いただくか、次のアドレスにメールでお問い合わせください。 [メール保護]