壁紙ペースト&壁紙接着剤

つかまっている! ちょっと考えてみてください。次の家の装飾に最も美しい壁紙を選んだのに、後で望む結果が得られなかった場合、または斑点状になってしまった場合はどう思いますか。 動揺しますか? これは、壁紙の接着剤を選択するときに間違えた場合に発生する可能性があります。 選択する壁紙の種類によって、使用する壁紙の貼り付けの種類が異なります。 

壁紙接着剤は、加工デンプンまたはメチルセルロースで構成されており、通常、ずり流動化粘度と高い湿潤接着剤タックを備えています。 これらの特性により、壁や壁紙への付着物の吸収が遅くなり、浸透が遅いため、壁紙を壁に正確に並べるのに十分な時間が与えられます。 

接着剤は通常、接着剤を紙に浸して浸透させるために紙に塗布されます。 この技術は気泡の発生を防ぎますが、不織布やガラス繊維の壁紙紙のように膨張しない場合があるため、ペーストは壁に直接塗布されます。

あなたの壮大な壁紙が混乱するのを防ぐために、最初に理解し、次に壁に最適な壁紙接着剤を選択してください。

冷水ペースト 

ベルが鳴りますか? これは最も一般的であり、最も長く使用されてきたものでもあります。 それは粉末の形で提供され、ペーストとして準備する必要があります。 粉末は、小麦または他のデンプンベースの粉末で構成されています。 混合物を作る間、あなたは冷水、粉と忍耐を必要とするでしょう、はい、あなたはそれを正しく聞きました! ペーストを適切なコンシステンシーに混ぜるのは少し注意が必要です。流動性が高すぎたり、厚すぎたりしないようにする必要があります。 しかし、それは時間の利点を与えます、水ベースの製品は乾くのにより長い時間がかかります、それはあなたに間違いを訂正する余分な機会を買います。 あなたが自分で改装をしているなら、それは完璧です。 

ヘビーデューティ 

それらはあまり一般的ではありませんが、強度には優れています。 それらは冷水ペーストに非常に似ていますが、水の代わりにビニールベースです。 より強力で長持ちする結果を得るには、これを実行する必要があります。落下のリスクなしに、重い紙を間違いなく貼り付けます。 乾燥時間が短すぎて使いづらいのですが、厚手のビニール壁紙用の正確な壁紙ペーストです。 

万能ペースト 

万能接着剤は、粉末と液体の両方の形で提供されます。 それらはあらゆるタイプの紙に有利であるため、これは最も売れている接着剤のXNUMXつになるという利点があります。 ペーストには通常、カビの繁殖を防ぐ殺菌剤が含まれているため、湿気が発生しやすい場所に最適です。 万能と書いてありますが、選択した壁紙に合うかどうかを必ず確認してください。 

壁を貼り付けます

不織布やグラスファイバーなどの壁紙は、壁に直接貼り付けることで吊るすように設計されています。 それらはほとんどそれらを便利にする準備ができた混合物で来ます。 すべてのオプションの中で、アプリケーション中の混乱が少なくなります。

壁紙ペーストを使用する準備ができました

名前が示すように、それらは事前に混合されており、真の一貫性があります。 しかし、それらはより高価です。 しかし、次のようないくつかの利点があります–粘性のリスク、それらはビニールベースでもあるため、厚紙にも十分です。 私たちの専門家があなたの改装に手を差し伸べましょう、右の接着剤と右手はあなたの好きな場所にカリスマ的な電子メールを与えることができます [メール保護]